MENU

フォロー

LOST ARK(ロストアーク)の攻略をはじめました!

自分だけのスクリーンショットを撮ろう!「セルフィモード」ガイド

韓国の「LOST ARK」(以下、ロストアーク)で5月6日に追加され、日本で現在行われているクローズドベータテストではすでに追加されている機能「セルフィモード」について、残念ながら日本のクローズドベータテストに落選されたユーザー向けに紹介する。

既存のシステムでもスクリーンショット機能とホイールアクションを通じてキャラクターをクローズアップすることは可能でしたが、限定的な視点と周辺環境などにより、不快感が大きかった。

日本では、韓国で8月12日に実装される「シーズン2」のバージョンで先行開始されている。

スポンサーリンク

「セルフィモード」とは

「セルフィモード」は、スクリーンショットの撮影のためのモードでNPCやペットの削除、カメラの角度調整など、さまざまな機能を提供する。特に、大都市といくつかの島には、セルフィモードのための背景のテクスチャが追加され、より素晴らしいスクリーンショットを撮ることができる。

▲ユニークなスクリーンショットの撮影が可能なセルフィモード

セルフィモードの撮影方法

「セルフィモード」の撮影は思っているより簡単にできる。ミニマップの下にある「カメラ」アイコンをクリックすると、セルフィモードが有効になる。

セルフィモード有効後、キーボードの「プリントスクリーン」キーを押して、スクリーンショットを撮影することができ、基本的にはロストアークの世界すべての場所で、セルフィモード撮影が可能となっている。

また、大都市や冒険島などの特定の場所では、より素晴らしい景色を撮影することができる

セルフィモードと既存のスクリーンショット撮影の違い

セルフィモードと既存のスクリーンショット撮影の最大の違いは、カメラの角度と設定だ。マウスの左クリックでキャラクターの方向を切り替えることができ、右クリックでカメラを回転させることができる。お好みの角度を見つけるための場所を再設定する必要が減った。また、右クリックとWASDキーボードボタンを押すと、カメラを上下左右に移動することができ、ホイールの機能を利用してズームイン/ズームアウトを選択することができる。

▲キャラクターの方向転換、視野角などを調整できる

スポンサーリンク

スクリーンショットの保存場所

スクリーンショットボタンを使用して保存したスクリーンショットのファイルは、チャットウィンドウの「システム」タブでパスを確認することができる。

一般的にはロストアークがインストールされているドライブ(ローカルディスク)の下記場所に保存されている。(日本クローズドベータテスト時)

スクリーンショット保存場所ローカルディスク▶GameOn▶LOST ARK_CBT▶EFGame▶Screenshots

▲スクリーンショットを保存するフォルダはチャットウィンドウで確認することができる

セルフィ設定

右側のツールチップでは、セルフィ設定が可能である。

  1. NPC表示設定では、NPC、ペット、モンスターを表示/非表示の切替ができる。
  2. ネームタグ表示設定では、プレイヤーネームタグと他人のネームタグ、NPCネームタグを表示/非表示の切替ができる。
  3. 視野角設定では、28mmから85mmまで、様々な視野角を介して、まるでカメラで撮影するような感じにできる。
  4. ウォーターマークを設定する場合は、自分のプレイヤー名と一緒にローストアークのロゴが透かしとして表示される。
▲詳細設定でNPCや他のキャラクター、ペットなどの表示/非表示を設定できる
▲事前に画面効果設定を調整しておくのも忘れずに!

スポンサーリンク

4種の業績から辿るスクリーンショットの撮影スポット

個性的な自分だけのセルフィ撮影をするためには、場所の選定が重要になる。

基本的にはアクラシアのすべての地域でセルフィ撮影が可能ですが、その中でも特別な場所が存在する。大都市地域は、基本的に追加テクスチャ処理が施されており、それ以外の冒険島などを中心にセルフィモード限定で見れる背景が存在する。

その背景は、既存のスクリーンショットスポットでも有名だった島であり、[業績]タブで具体的な場所を調べることができる。

「四季」などセルフィイベントと関連している業績もあり、「桃源郷」などの冒険島が含まれています。「エステラ」などの業績にない島も存在しているが、基本的には業績のチェックだけでもほとんどの有名島を確認することができる。

▲一部の島では、撮影だけで業績を解禁できる
▲スクリーンショット名所として有名なほとんどの島が登録されている
▲島の特定の場所では、アップグレードされたテクスチャがある
▲大都市は基本的にテクスチャ処理がされているものと思われる

セルフィモードを使用して実際に撮影してみた様々な写真

実際に複数枚の写真を撮ってみると思ったよりも、さまざまな感じの写真を撮ることができた。
素敵なスクリーンショットの撮影の核心は、自分の場所を見つけること。

正面120度の視野角の限界で一部NPCや地形を撮影できていないのは残念だが、逃し過ぎ去っていったアクラシア大陸と島の隅々を探ることができ、スクリーンショットを撮る楽しさが増したように思える。

▲ひまわりオブジェクトのおかげで良い感じの写真が撮れた「ひまわり島」
▲既存のスクリーンショット機能でも名所である「エステラ」のハートベンチも様々な角度で撮影可能である
▲周辺オブジェクトを活用して、さまざまな印象を与えることができる
▲エステラのクレーターでワンカット!
▲「夢幻の島」も、カメラの角度を変えたら雰囲気が変わった
▲「アトロポス」でコインを投げる
▲「青い風の島」ではアーチを背景に祈り!
▲ “アイス”
▲次のシカは…貴様か
▲視野の限界に挑戦

参考サイトhttp://www.inven.co.kr/webzine/news/?news=237972&site=lostark&page=2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

最新記事をお届けします。